« コンデジ更新! | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その4 »

2009年6月 9日 (火)

ワールド工芸C62-32を作る!その3

今日もワールド工芸のC62-32を作ります。

前回は、テンダーが有る程度形になってきました。

P1170539

ついC62-2と連結させて試運転をしたくなりますが、そればかりでは先に進まないので、本体を作って行きます。

それでは作業開始。

まずは、今日の作業結果。

P1170543

ランボードを半田付けしてボイラーに取り付けるところまで行きました。
ボイラー下部の合わせを半田付けするのが大変ですが、今回はわりとスムーズに作業が進みました。

P1170545

ランボードを色々な角度から見て歪みをチェックします。
今回は、目立つ歪みも無く合格だと思います。

P1170546

裏側。
光って見えにくいですが、ウラ面は半田跡で凸凹です。
ルーターで荒削りして耐水ペーパー、キサゲ刷毛で整えます。

P1170547

ちょっと時間があったので、給水温め器と前方のランボードパーツを取付け。
この時点で前面の傾斜角を付属の治具を使って決めます。
この後は、注意しないとデフを付けたときに隙間が出来てしまいます。

P1170549_2

給水温め器を付けた後に前梁を山折りして半田付け。
この時、山折りする前に解放テコ受けを90度曲げておかないと、後で苦労します。
私は、半田付け後に気が付きました。
ランボード斜め部のステップで板状のものは、取付時の持ち手となる部分が付いたので半田付けは格段やりやすくなりました。
同形状のボイラー部ステップも同様に作業性が格段にアップ!

まだ機関車と言うには難しい状態ですが、だんだん形になってきたのでやる気が出てきます。

が!
焦るとろくな事がないので、今日はここまでです。

それでは!

|

« コンデジ更新! | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンデジ更新! | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その4 »