« ワールド工芸C62-32を作る!その7 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その8 »

2009年6月15日 (月)

スカイライン・フェアにて。

今日は、かみさんの車の点検でいつもの日産へ。

ちょうどスカイライン・クロスオーバーの展示をやっているとのこと。
さらに、歴代スカイラインが勢揃いと言うことで見学してきました。

R3334

エコカー補助金の垂れ幕が掛かっていますが、全てエコカーとはほど遠い車達。
R32,33,34とGTRが並んでいます。
ちなみに、R35GTRはショールームの中です。

それでは見物開始。

まずは、R34GTR。

R34

NISMOのエアロ付きらしいのですが、迫力がありますね。

R342

さらに、この34Rは最終限定車のNurです。

R33n1

隣の33RはN1なのですが、ノーマル仕様に近いモデルです。

R32

こちらの32Rは、限定のGTR NISMOです。
グループA参戦のための限定モデルですね。

Hsko

箱スカです。私より年上です。(笑)
ちなみに、奥に見える黒っぽい車が、スカイラインクロスオーバーです。

Kenmeri

Japan

ケンメリとジャパン。
この2車は、好きな車ですがどうも悪人顔に見えてしまいます。

R30

R30 RSターボCです。
いわゆる鉄仮面と言う車。
昔、免許がない頃ですが、憧れた車です。
今見てもカッコイイですね。

R31

R31GTS-Rです。
コレもグループA参戦のための限定モデル。
このころから、スープラターボAなどとレース参戦のための限定車が出ていた時期ですね。

R322

ぱっと見ると、普通の32Rですが、実はホワイトボディから組み立てた車両だそうです。
仕事をしながら1年で仕上げたそうですが、まさに実車プラモの世界(!?)
もちろん、ただの飾りではなく、ちゃんとナンバーを取って普段の通勤に使っているそうです。

Skyline

最後に、スカイラインのお尻。
丸テールがスカイラインの証だと思うのは私だけでは無いと思います。

お店には、入れ替わりで多くのお客さんが見えていましたが、ほとんどが私より年上の方。
最近の若い人には興味の湧かない車なんですかねぇ・・・

スポーツモデル氷河期のこの時代に、気軽に乗れる楽しい車が出ることを望みたいですね。

|

« ワールド工芸C62-32を作る!その7 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その8 »

コメント

う~ん、正直車は乗れればいいや程度ですね(汗

その分情熱(?)が鉄道にむいている気がありますが(汗

周りの人の話を聞いても、車も鉄道も、目的地に着くまでの一手段に過ぎないのだそうです。寂しいナぁ

投稿: SaladDays | 2009年6月17日 (水) 21時05分

最近は、移動手段として捉えている人が多いですよね。
まぁ、乗物自体が移動手段。楽に早く移動するかに重点が置かれるのは当然の事ですよね。
寝台車が衰退するのも、スポーツカーが無くなるのも同じ様な気もしますね。

投稿: ラビット | 2009年6月19日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-32を作る!その7 | トップページ | ワールド工芸C62-32を作る!その8 »