« EF64-1019原色を作る!その1 | トップページ | エクスプレス185を見てみよう。 »

2009年5月17日 (日)

EF64-1019を作る。その2

少し間が空きましたが、引き続きEF64-1019を作る!です。

前回までにIPA漬けしたボディの塗料を剥がし、洗浄まで行いました。

P1170361

ちなみに、4両いますが、1019号機になるのは2両だけで、1両は原色クーラー無し、1両はJRF更新色クーラー無しになります。

この状態で、手すりなどのモールドを削り、穴を開けてモールドの跡をペーパーがけ。

サーフェーサーを吹いた後、キズやモールドの跡を確認。

とりあえず、合格レベルなので塗装に入ります。

今日までの状態です。

P1170392

サフを吹いて、1色だけ塗っています。
何故か、クーラー無し車1両が未塗装です。
理由は、クリーム塗装の後、青を吹いたのですが、吹き込み多数、線が傾斜するなどのミスを連発し、再IPA漬けとなりました。crying

P1170395

クリームまでで終了した1019号機。
左の車両は中古品でナンバーがプラ接着剤で固定されているためナンバーを外せず。
そのまま塗装になっています。
ナンバーの仕上げが面倒です。

P1170393

こちらは、JRF更新色になるクーラー無し。
多分、美輝川さん、GORILLAさんに作った車両とナンバーを変えたいので1010号機にすることになると思います。
ベースの白だけ吹いています。

P1170396

クーラー無し車の悲劇その2。
ヒサシが無くなりました。shock

多分、IPAで塗装剥離するときに歯ブラシで破損した模様。
無くなった部品が発見出来なかったので、EF64-37のジャンクボディよりヒサシを再生。
なんか復帰できたのではないかと。

クーラー無し原色でかなり手こずっていますが、今日はここまで。
さすがにここまでミスを連発すると、やる気もなくなります。
まずは、1019号機完成に向けて集中したいと思います。

それでは。

|

« EF64-1019原色を作る!その1 | トップページ | エクスプレス185を見てみよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF64-1019原色を作る!その1 | トップページ | エクスプレス185を見てみよう。 »