« 今日はお出かけ! お馴染みの鉄道文化むら! | トップページ | プラレール博2009へGO!その1 »

2009年5月 3日 (日)

EF64-1000JRF新更新色をちょっと改造。

先日発売されたKATOのEF64-1000JRF新更新色をちょっといじります。

元々出来は良いので、EF64-1000らしさを出すことを狙ってのちょっとした改造。

P1170231

実際には、以前改造製作した新更新色と並べても遜色ないようにするのが目的です。

一応、標準のパーツ類を付けて有りますが、色々と気になることもあるので。。。

それでは作業開始です。

今回の大きなポイントは、以下の4点。

①誘導員手すりの変更。
②下回り塗装し直し
③スカート周り加工
④解放テコ取付け

と言うわけで、完成です。

P1170261

屋根で目立つところは、避雷器を銀河モデル製へ交換、パンタをねずみ色1号に塗装です。
屋根上の手すりや、クレーンフックなどの別パーツ化は行っていません。

P1170262

やはり、一番目立つのが前面です。
誘導員手すりは、標準の軟プラ製からΦ0.2真鍮線を曲げて作った手すりへ交換しています。
EF64-1000の特徴とも言えるエアーホース、ジャンパも追加しています。
解放テコも銀河モデル製です。ちょっと曲がっていますね。コレは直さねば。
窓下の手すりは別パーツ化していません。

P1170264

スカート、台車、床下機器は、元の色が明るすぎる気がするので、GMカラーダークグレーにて塗装後に艶消しクリアで仕上げています。
2エンド側台車には、銀河の速度検出器を取付け。
メーカープレートも貼りたかったのですが、製造メーカー調査中のため未貼付けです。

P1170265

いつもの製作レベルに比べると、簡易的な加工ですが、コレでも十分に楽しめると思います。

P1170267

最後に、以前製作したEF64-1004と並べて。
右の1004号機と比べてもスカート周りのゴチャゴチャ感の効果で差が無くなったと思います。

実際に、貸しレなどで持ち運び、出し入れを考えると、今回製作したレベルの方が扱いやすいかと思います。勿論、出来を考えると1004号機レベルにしたいですが。。。

現在、ほぼ同時進行で別の新更新色改造を行っていますので、完成したら紹介したいと思います。
号機は、先日検査出場したての1011号機を最新仕様(?)での製作を予定しています。

それでは、また次回まで。

|

« 今日はお出かけ! お馴染みの鉄道文化むら! | トップページ | プラレール博2009へGO!その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はお出かけ! お馴染みの鉄道文化むら! | トップページ | プラレール博2009へGO!その1 »