« 今日はお出かけ。 大宮の・・・。その3 | トップページ | 秩父鉄道1000系を作る!その6 »

2009年3月16日 (月)

秩父鉄道1000系を作る!その5

秩父鉄道1000系を作る!その5です。

ところで、先日ガンプラコンテストの結果が出ました。
今回は残念ながら入賞出来ずでした。
上位が、流行のメタリック光沢仕上げでしたので、やはりこの辺の工作をマスターする必要が有りそうです。

話を戻して、前回までに黄色塗装が完了し、細かい部分の作業に入ります。

P1130073

これからは、サッシやHゴムなどの細かい塗装なのでまとめて作業せずに1両ずつ進めます。

まずは、パンタが賑やかな先頭車デハです。

それでは作業結果です。

さて、今日までの状態です。

P1130120

こんな感じ。
Hゴム、サッシ、靴ズリの塗装、屋根の部品付けを行っています。

P1130121

サッシ、靴ズリは田宮エナメルカラーのクロームシルバーを面相筆で色塗り。
Hゴムは同じく田宮エナメルカラーのダークシーグレーを面相筆で色塗り。
本当は烏口で塗るのが綺麗に楽に出来るのでしょうが、私の近所で売ってないので・・・。
Hゴムは、どうしてもはみ出してしまうので、爪楊枝ではみ出しを削ります。
この作業が出来るのがエナメルカラーの良いところ。でも、剥げやすいのが難点
床板が反っているので運転席側が浮いてしまっています。
まだ、固定していないのでキニシナイ。

P1130124

運転席窓も色差ししたので、ハッキリした顔になったと思います。

P1130123

屋根前方。
逆L形のアンテナは、GMの西武キットに付属のもの。
避雷器は、KATOのLA17、パンタもKATOのPS16Bです。
PS16Bは、元のピンを切除してガイシ部にΦ0.3の穴を開けた後、Φ0.2の真鍮線を入れて屋根に付けてあります。

P1130122

屋根連結側。
クーラーは塗装後にGクリアで接着しています。
これをプラ用接着剤で固定しようとすると、屋根の塗装が剥げて汚くなるので、塗装面を痛めないGクリアなどのゴム系接着剤がベストです。

この時点で、床下機器は接着していますが、塗装はしてません。
先頭には、ダミーカプラーを付けて床はオモリも含めて黒で塗装予定です。

さて、気分転換に、次回はEF65-1089を進めることにします。

それでは、明日は始発に乗って出張なのでそろそろ寝ます。

|

« 今日はお出かけ。 大宮の・・・。その3 | トップページ | 秩父鉄道1000系を作る!その6 »

コメント

こんばんは。
ラビットさんは、貨物更新機を作る際、側面の「JR FREIGHT」インレタはどうしていますか?
製作の腕を上げるために、今度、PFの二色更新機でも作ろうかと検討中なのですが、JR FREIGHTインレタだけが謎なのです。
どこかから製品化されているのでしょうか?
教えていただければ幸いです。

投稿: 柏陽 | 2009年3月19日 (木) 21時43分

柏陽さん。
私の作っているマークは、インレタではなくデカールです。
以前、ペアーハンズさんで売っていたのを買いましたが、今あるかは不明です。
製品化と言うよりも、個人で作ったと言った感じですね。

投稿: ラビット | 2009年3月20日 (金) 19時08分

なるほど。
ラビットさんは、前のオーナーさんの自作を買ったのですか。
正規品は存在しない(製品化されていない)と言う事ですね。
RTM社、GDI社でもどこでも良いんで製品化してほしいものです。

投稿: 柏陽 | 2009年3月20日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はお出かけ。 大宮の・・・。その3 | トップページ | 秩父鉄道1000系を作る!その6 »