« EF65-1089を作る。その2 | トップページ | ちょっと息抜き改造。 »

2009年2月 6日 (金)

EF65-1089を作る。その3

少し間が空いてしまいましたが、EF65-1089を作る。その3です。

出張で福島日帰りや、息子と寝てしまったり、溜まっていたビデオを観たりと、ここ数日作業をお休みしていました。

P1120812

前回までに、IP漬け、塗装剥離をしました。

今回から、塗装に移って行きます。

一応、題名は「1089を作る」ですが、今の時点では1127も同時進行しています。

それでは、作業開始です。

まずは、いつものクレオス#1000のサフを吹いて手すり跡などのチェック、修正です。

その後、貫通扉、乗務員扉の「カラシ」であるイエロー(ベージュ?)を吹きます。

P1120818

とりあえず、7回に分けて吹いて発色も落ち着いたので終了。

P1120819

左の2両が、1127号機になるTOMIXのPF、右が1089号機になるKATOのPFです。
黄色と言うよりは、ベージュに近い発色です。
塗料は、モリタのサンドイエローをそのまま使っています。
色目は、KATOの貨物更新色に近いです。

P1120820

乗務員扉部分。
これはKATOのPFなので、前面の継ぎ目が見えますが、今回サフを吹いたところ、境目が目立つので、継ぎ目修正を行っています。
現状でほとんど段差は分からないレベルになりました。(光の加減では少し見えますが。。。)

P1120821

スカートは、GMカラーのねずみ色1号で塗装。
エアーホースが沢山付いていますが、後ほど実車に合わせて間引きします。
こうやって並べると、KATO(左)とTOMIX(右)で結構大きさが違うんですね。

P1120823

スカートの塗装、エアーホースの塗装などプライマーを使う塗装があったので、台車も塗装しました。
ねずみ色1号と迷いましたが、以前作ったJRF釜に合わせて、GMのダークグレーで塗装。
個人的な好みとしては、ねずみ色1号よりも落ち着く感じがして気に入ってます。

さて、ひとまずは、これで今日は終わりです。
次回から、ボディ塗装を中心に進めて行きます。

|

« EF65-1089を作る。その2 | トップページ | ちょっと息抜き改造。 »

コメント

こんにちはトムです。貨物色を塗る時のモリタ塗料はどこで手に入れられますか?よろしければ教えていただけませんか?

投稿: トム | 2009年2月 8日 (日) 07時28分

トムさん。
モリタの塗料は、鉄仲間が秋葉原に行ったときに買ってきてもらったので、詳細なお店は分かりません。
たしか、GMストアーかポポンデッタあたりだと思うのですが。。。
秋葉原以外にも、新大久保のTAVASAへも行ったらしいので、TAVASAかもしれません。
ちなみに、モリタのライトパープルは使い物にならないので、注意が必要です。

投稿: ラビット | 2009年2月 9日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-1089を作る。その2 | トップページ | ちょっと息抜き改造。 »