« MGデスティニーを作る その10 完成! | トップページ | EF65-1089を作る。その1 »

2009年1月30日 (金)

次の改造ネタを仕込みます。

本年最初のカマ改造と言うことで、ネタを仕込みます。

本日、無事にガンプラはコンテストに出品していますので、機関車改造を始めます。

今回のネタです。

P1120797

今回のネタは、KATOのEF65-1000、TOMIXのEF65-1000東京機関区です。
まとめて3両進めます。

よく見ると、KATOのEF65-1000がちょっと違います。

早速チェック。

今回のKATO製EF65-1000は美輝川さんからの依頼品です。

P1120798

と、言いながら既にEF65-1089に塗装変更されています。
美輝川さんが、色替え品を購入したらしいのですが、いつもの手すり別パーツ化などの一連の改造をして欲しいとのことで、入場しました。

P1120799

色の塗り分けは、非常に綺麗なのですが、それぞれの色の印象が鮮やか過ぎる気もするので、依頼主から全塗装の要請になっています。

P1120800

1089号機の特徴である側面の蛍光灯パーツも付いています。
これは、そのまま使っても良いかもしれません。
避雷器も、製品のままのLA15タイプなので、LA17に交換予定。

P1120801

助手席側には、クーラーダクトが付いています。
恐らく、コトブキヤかウエーブのダクトパーツを使用しているようで、厚く窓から飛び出しています。
ここは、銀河のパーツに交換予定です。

ボディは、従来のEF65-1000なので、前面クリームパーツが分離するタイプです。
写真で見ると、うっすら境目が見えますが、元々加工された方は随分綺麗に処理されています。

P1120802

前面です。カラシの由縁である、黄色い前面扉が特徴。
前面の合わせ目も綺麗に処理されています。
カプラーはナックルカプラーですが、EH500などに標準とされているカプラーなのでスカートに干渉しています。
ここは、加工して少し上に上げたいと思います。

今日までの状態。

P1120803_2

とりあえず、何はなくとも分解。
3両を分解するのは、地味に時間が掛かります。
明日から、手すり等取付用の穴明け、塗装剥離、下地処理と進めて行きます。

今回の1089のメニュー。

・1089号機塗装(カラシ)
・手すり、フックの別パーツ化
・パンタ塗装
・解放テコ取付け
・エアーホース付け
・エアコンダクトの追加
・ナックルカプラー(灰)高さ調整
・各部の色差し

一応、こんな感じで考えています。
実車は、カラシ扉から普通の更新色になってしまいましたが、カラシ仕様を製作していきます。
TOMIXのEF65は、もう一台(?)のカラシ1127号機を製作予定です。

それでは、今日はこれで終わりです。

|

« MGデスティニーを作る その10 完成! | トップページ | EF65-1089を作る。その1 »

コメント

こんばんは柏陽です。先日はアドバイスどうもありがとうございました!
今後も貴方のアドバイスを参考に1122号機の改造を続けていきたいと思います。

カラシの製作ですか、頑張ってください!
健闘を祈ります。

投稿: 柏陽 | 2009年1月30日 (金) 21時05分

こんばんは。
その1089は、DTモデルズの特製品ですね。僕は、その色より、今の塗装を作りたいのですが、色が分からなくて作業ができません。よければ教えてください。
TOMIXの65は、何になるのですか?

投稿: 千ケヨ33 | 2009年1月30日 (金) 21時29分

初めてコメントさせていただきます。
いつもながらの拘りに感服しておりますが、私は改造初心者で手摺用の0.2mmの穴をピンバイスで開ける時ドリル刃をよく折ってしまいます。
折らずに丁寧に穴をあける際にきにつけいている事やコツがあれば紹介していただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿: こすけ | 2009年1月31日 (土) 12時40分

初めまして本日からコメントを書かせていただきます、トムといいます。これからよろしくお願いします。
早速ですがEF65 1000の部品取り付けについて質問があります。KATOのEF65 1000番台の解放テコを取り付ける時にテールライト左下のジャンパ受に当たってしまうのですがどのようにしていますか?
よろしければ教えていただけませんか?

投稿: トム | 2009年1月31日 (土) 21時52分

沢山のコメントありがとうございます。

柏陽さん。
1122は少し苦戦しているようですね。
インレタは慣れも必要なので、最初は使わないナンバーで練習してみても良いですよ。
完成を楽しみにしています。

千ケヨ33さん。
今回は、カラシ時代の1089ですが、後ほど現行1089も製作予定です。
鉄仲間から資料提供をしてもらう事になっているので、情報提供出来ると思います。
使う色は、今まで作ったJRF更新機と同じ色を使うつもりですが・・・。
TOMIXは、2台とも1127号機になる予定です。
(頼まれモノなんです)

こすけさん。
初めまして。
手すりとかですと、Φ0.3のドリルですかね?
ドリルを折らないコツと言うか、穴開けの基本だと思いますが、位置をキチンと決めることが大切です。
やっているとは思いますが、穴位置にポンチでガイドを付ける事が大切。私は、プラモのハセガワから出ているケガキ針をポンチ代わりに使っていますが、コンパス(円を描くヤツ)の針でも良いです。
後はポンチをガイドにドリルがブレない様に慎重に回して行けば綺麗に開くと思います。
ピンバイスも太いものより、細く軽いタイプの方がドリルに負担が掛かりません。私は田宮の精密用(黒いタイプ)を使っています。
参考になりましたか?
そんな私も、何本のΦ0.3のドリルを折った事か。。。

トムさん。
初めまして。
EF65の解放テコですが、ジャンパ栓の下側の裏を平彫刻刀とデザインナイフで三角に切り欠いてテコとぶつかる部分を逃がしています。
今回もその方法です。
EF65-1000前期型の様に別パーツならば、裏側の段の部分をデザインナイフで切り落として逃がしています。
言葉ではわかりにくいですが、出来れば今後の製作報告の中でアップします。

今回は、初めてコメントいただいた方もいましたが、今後も気軽にコメント下さい。

投稿: ラビット | 2009年2月 1日 (日) 00時59分

ラビットさん、為になるご助言ありがとうございました。お使いの工具までご紹介いただき参考になります。
なるほど0.3mmをお使いなのですね。私は、0.2mmでもスケール換算すると直径3.0cmになってしまうので、これでも太いんだろう、と思っていました。

投稿: こすけ | 2009年2月 1日 (日) 09時00分

スケール換算までは気にしてませんでした。。。
銀河のパーツが、ほぼ0.2mm程度と言うくらいの考えでした。
通常は、Φ0.2の真鍮線で手すりを自作していますが、この場合Φ0.3の穴が差込易く、隙間も出にくいと言うわけです。(Φ0.3の真鍮線には、Φ0.4と言う感じ)
正直、Φ0.2の穴にΦ0.2の真鍮線では差込難いとと思います。
真鍮線なら断面が●なので銀河などのエッチングパーツよりスッキリ仕上がりますよ。

投稿: ラビット | 2009年2月 1日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MGデスティニーを作る その10 完成! | トップページ | EF65-1089を作る。その1 »