« EF65-1038を作る。その3 | トップページ | EF65-1038を作る。その4 »

2008年12月 7日 (日)

今日のお買い物 EH500

今日のお買い物です。

EF65-1038の作業も行いましたが、金属パーツの塗装だけなので、取り付けてからアップします。

本日、エル・ホビーさんのウインターセールをやっているとのことで行ってきました。

棚の中には、微妙な製品もありますが、中にKATOのEH500 3次型が35%OFFと言うことで、つい買ってしまいました。

P1120515

とは言っても、ナックルカプラー化以前の旧製品(?)です。
まぁ、違いはナックルカプラーと対応スカートなので、あまり関係ないですね。
むしろ、ナックル対応の大口スカートよりも良いかもしれません。

それでは中身をチェックです。

P1120516

あっ!これは息子のプラレールですね。

それでは仕切直し。

P1120514

カプラーは、アーノルドが付いています。
3次型なので、簡素な前面塗装です。

P1120518

とりあえず、ナックルカプラーを付けます。
「かもめナックル」をGMねずみ色1号で塗装したものです。
「かもめナックル」なら、高さ調整の改造は必要ないです。

P1120519

横から。
2両分が連結されているので、大きいです。
連結間隔は、非常に狭くてカッコイイです。

P1120520_2

金太郎のマークも綺麗に印刷されています。

P1120522

ライトのLEDは、オレンジ色になっていますが、実際に光らせると電球色っぽくて良い感じです。
特に交換する必要は無いようです。

走りを見てみると、少しギクシャク。
線路のコンディションを拾い易いようです。特に超低速でポイントを通過させようとすると停止しています場合もあります。

P1120521_3

モータは片側ユニットに入っていて、ドライブシャフトで、もう片方へ動力を伝えます。
しかし、モーターへの集電は、片側ユニットだけなので集電が少し不安定な様です。
これは、EH10でも同様でした。

そこで

P1120525

集電板にコード半田付けし、8軸集電にしました。
コードは、ワールド工芸のキットを製作した余りのコードです。
これによって、集電能力は格段に向上し、非常に安定した走りになりました。
コードを余り短くしたり太くすると、カーブ通過時、特にSカーブなどで連結部に負担が掛かり、脱線するので注意が必要です。

ゴム付き車輪が、片側(モーター側)に2カ所付いているので、これをもう片方の台車に移植するか、さらに増やすことで、牽引力増強をしても良いかもしれません。
2カ所増やしても、実質6軸での集電になるので、安定性は確保できると思います。

P1120524

一通り部品を付けました。
解放テコ、誘導員手すり、ナンバー、GPSアンテナ、一部ガイシ、アンテナ、信号煙管と別パーツ盛りだくさんです。
ナンバーは、6カ所付けるので大変です。
今日、EF65-1038の金属パーツ塗装ついでに、パンタをGMねずみ色1号で塗ってみました。
ガイシなどにも色入れしてもしたいですね。

最後に。

P1120523

先日買ったEF66と一緒に撮影。
こちらも、本日、パーツを付けました。
クーラーは、足をカットしてGクリアで接着しました。

最近、非常にカマの増備が増えているラビ鉄です。
特に貨物機が多くなっていますね。
この流れで、コキ、タキ大増備に繋がらなければいいですが。。。

|

« EF65-1038を作る。その3 | トップページ | EF65-1038を作る。その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-1038を作る。その3 | トップページ | EF65-1038を作る。その4 »