« EF65-1038を作る。その7完成。 | トップページ | ありがとうEF55 »

2008年12月13日 (土)

EF65-1118 プチ改造。その1

EF65-1118プチ改造を始めます。
今回のベースは11月末に発売されたEF65-1118です。

P1120484

元々、出来がよい製品なので、そのままでも良いのですが、EF65-1114も作ったのでやっぱり並べてみたなと言うことで改造します。

今回は、自分用、美輝川さん用、GORILLAさん用の3両を同時進行で進めます。

それでは、作業開始です。

何はなくとも、分解です。

P1120565

3両分なので、結構な部品の量になります。
細かい部品も多いので、車両ケースのフタに入れて紛失防止。
運転席部のパーツの取り外しが少し厄介です。

P1120567

3両分のボディです。
メニューは、窓下手すり、屋根手すりなどの別パーツ化、屋根フック取り付け、クーラーパーツ分割、塗装、エアーホース追加など、いつものプチ改造メニューです。
全塗装ではなく、部分塗装なので塗装は楽ですが、調色は大変です。

P1120571

まずは、窓下手すり、屋根手すりのモールド削り、穴開けです。
1118号機の成形色は、ボディ色に非常に近い色です。
一応、削り跡に筆差ししましたが、もしかするとボディ色の赤は、塗装せずに成形色?って思えるくらいの削り跡の色です。

P1120572

とりあえず、1両だけ窓下手すり、誘導員手すりを取り付け。
パーツは、銀河製EF65-1000用手すりセットを使用。
誘導員手すりの幅は、元の手すり穴の幅と同じ4.5mmですので、ポン付けOKです。
勿論、手すりの塗装は必要ですが。。。

とりあえず、今日はここまで。
外したボディを蛍光灯に照らすと、赤の部分だけ透け気味だし、削り跡の色を見るとなんだか、赤部分はプラ成形色のままで、帯・文字の白や屋根のグレー、黒を塗装しただけの様な気がしてきます。
成形色のままならば、ヒサシからのライト光の透けは納得できる気が。。。
真意はどうなんでしょう???

それでは、今日はここまで。

|

« EF65-1038を作る。その7完成。 | トップページ | ありがとうEF55 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-1038を作る。その7完成。 | トップページ | ありがとうEF55 »