« クモヤ145の改造。その1 | トップページ | クモヤ145の改造。その3 »

2008年10月23日 (木)

クモヤ145の改造。その2

クモヤ145の改造。その2です。

パンタ交換、動力交換などをメニューにしています。

P1120058

昨日は、パンタの取付けの下準備を進めていました。

1両分まで出来上がりましたが、後もう一両作れなければいけません。

でも、ちょっと脱線。

屋根をみていると、手すりモールドがあります。
どうせ、屋根は塗り直すので・・・

P1120061

別パーツ化してしまいました。
いつもの、レボリューションファクトリーの手すりで、1mm幅です。
既に、プライマー処理、下塗りは済んだものを使っているので、そのまま塗るだけでOKな状態です。

こうなると、悪のり全開です。

P1120064

前面の別パーツ化されている黄色の警戒色部分も手すり付け。
製品のままでは色が鮮やかすぎる気がするので、仕上げに西武イエローを塗る予定。

こうなるとバランスが悪いので・・・。

P1120062

方向幕横の手すり、運転席窓下の手すりも別パーツ化。
方向幕横の手すりは、レボリューションの幅1.4mm幅の手すりです。
窓下の手すりは、Φ0.2真鍮線を幅3mmで曲げた自作の手すりです。
削り跡のタッチアップをしていないので、差し込んだだけです。
ボディ側は、試しに1両の片側をやっただけです。
試しと言っても、1カ所やれば全部やらないといけないのですが。。。。

今日は、見事に脱線した作業になってしまったので、パンタ工事は中断です。
さて、明日は何をいじりましょうか。。。。

それでは、スカパーの「機関車列伝」を観て寝ます・・・。

|

« クモヤ145の改造。その1 | トップページ | クモヤ145の改造。その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クモヤ145の改造。その1 | トップページ | クモヤ145の改造。その3 »