« 「さよなら銀河」を見てみよう! | トップページ | 今日のお買い物 街コレ住宅編R他 »

2008年10月 3日 (金)

今日のお買い物 C62-18

今日の買い物はKATOのC62-18です。

先週発売になったのですが、銀河と被ったため本日引き取りに行って来ました。

P1110743

コレで、所有するC62は、KATOが3両、マイクロ2両、ワールド工芸1両になりました。
しかし、号機で見ると、2号機3両、3号機1両、18号機2両と非常に偏ったコレクションです。coldsweats01
その中でも、KATOの2号機、18号機は、レボリューションファクトリーのパーツを使って改造したものですけど。

改造で18号機を作ったので、是非製品の18号機と比較をしてみたいです。

それでは、チェックです。

今回は、特定番機と言うことで、特に取り付けるパーツは有りません。
ケースから出せば、そのまま遊べます。

P1110744

正直、東海道仕様との相違点はデフのつばめマークくらいです。

P1110746

側面から。
ロッドや火室下に色は入ってません。
ロットの色入れをしたくなりますね。実車はどうなっていたか知りませんが。。。

P1110747

デフの「下がりつばめ」。
つばめマークは銀メッキ仕上げなので、非常に強い光沢です。

P1110748

非公式側です。
当たり前ですが、基本的なプロポーションは東海道型と同じです。

P1110749

よく見ると、東海道型で発生していた三方コックの傾きが無くなっています。
修正されたようです。

どうなっているか調査です。

P1110754

コレは、東海道型のパーツを外したところ。
パーツの取付穴は○です。

P1110751

続いて、今回の18号機。
取付穴が長丸になって、前方へ伸びています。
コレによって、位置修正をしているようです。

コレは、良い改善ですね。そうなると、手持ちの東海道型も何とか修正したいものです。

P1110750

テンダーは、東海道型と同一と思われます。
Ass’yパーツの品番、値段が東海道型と違いますが、コレはナンバー有無の関係と推測します。(18号機のナンバーAss’y設定がありません)

P1110745

私が改造して作った18号機と製品の18号機を並べてみます。
正面のナンバーの位置が、若干製品の法が低い位置に付いてます。
コレは実車の特徴を再現しています。
あとは火室扉下のエプロンが製品では有りません。

モレも有るかもしれませんが、大きい違いは以下の3点と思われます。

①デフのつばめマーク
②正面ナンバーの位置
③火室扉下のエプロンの有無

KATOのC62は、デフから前と、ボイラーが分離できるので、前のパーツだけ新規で後は東海道型からの流用だと思います。(多分。。。)

今回の18号機も、前面のエアーホースや、テンダーの手すり別パーツ化などを施したいですね。

さて、最後に・・・。

P1110755

並べてみました。
左から、ワールド工芸2号機北海道型、KATO東海道型改2号機、東海道型改18号機、一番右が、今回発売になった18号機です。
この4台は並べても、違和感は無いと思います。
でもつい、ワールドのC62を走らせてしまうんですよね。
苦労しましたから、コレは別格かな。

さすがに、この4台にマイクロは並べられません。。。
もう少し息子が大きくなったら、マイクロC62は譲渡することにします。

さて、次のKATOのC62は何が来るか楽しみです。
やっぱり北海道型が欲しいですね。特に3号機や、15号機として使える製品が欲しいですね。

|

« 「さよなら銀河」を見てみよう! | トップページ | 今日のお買い物 街コレ住宅編R他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さよなら銀河」を見てみよう! | トップページ | 今日のお買い物 街コレ住宅編R他 »