« EF65-1137をつくる! その2 | トップページ | EF65-1137をつくる! その3 »

2008年10月 9日 (木)

TOMIXのEF65-1000にクーラーパーツを付ける!

KATOのEF65-1118には、クーラーパーツが付いています。
発売直後に、何かに使えるのでは?と言うことで、Ass’yパーツを注文しておきました。
随分前に発売して、買ってあったのですが、そのままパーツボックスの中で寝ていました。sleepy

P1110808

で、TOMIXの「さよなら銀河」が発売されたこともあり、やっぱり下り最終銀河を牽引したEF65-1114号機が欲しくなってしまいます。
1114号機のナンバーはTOMIXのEF65-1000東京機関区に収録されていますから、問題なし。
しかし、1114号機は、クーラー搭載機なので、ここがネックになります。

そこで、考えたのが、KATOのクーラーパーツを流用できないか?と言うことです。
単純に考えれば、同じNゲージ、1/150のはずなので、問題ないはずですが、KATOのEF65は大きめに作られているので、TOMIXのEF65に付けた場合のバランスが心配。

そこで、パーツの余裕もあるので、試しに付けてみます。

P1110809

種車は、以前買ったTOMIXのEF65-1000東京機関区です。
ナンバーは、1102号機が付いていますが、今回はクーラー取付けが目的なので、あまり気にせずに。上手くいけばナンバー交換などを進めます。

P1110810

KATOのクーラーパーツは、避雷器と一体になっています。
取付けボスの大きさは明らかに穴に対し太いので、あっさりカットしました。
合わせてみると、クーラーが付く屋根突起の中心と、避雷器中心との距離が微妙に合いません。
あれ?手すりが曲がってますね。コレは直さないとダメですね。

そこで、避雷器とクーラーをニッパーでカットして、クーラーだけ使います。

試しに取付け。

P1110811

固定は、少量のGクリアで仮固定。
KATOに比べ、TOMIXの方が屋根突起が大きいせいで、座りが良くないです。
クーラーの縁は割と厚いので、内面をデザインナイフでテーパー上に削ります。
避雷器が、LA15なのは、仮ですので1114号機を作るときはLA17に交換します。

P1110816

収まりがかなり改善されました。
少し傾いているので、もう少し削りが必要みたいです。

P1110813

大きさも、そんなにバランスが悪くなさそうです。

P1110817

少し傾いていますが、良い感じです。
メッシュ部分に墨入れをしてもいいかもしれません。

P1110818

前から。
コレは、使えそうです。

結論として、KATOのクーラーはそのまま使えませんが、小加工で使えるみたいです。

さて、一番の課題をクリアしたところで、1114号機を作りましょうか。
種車を買うお金がないので、手持ちの車両を使う予定です。

折角なので、いつものディティールアップも施工してもいいですね。

【今回使ったパーツ】

KATO ASS’Yパーツ。
Z03-0810 EF65-1118クーラー

1114号機を作る前に1137号機を完成させましょう!

|

« EF65-1137をつくる! その2 | トップページ | EF65-1137をつくる! その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-1137をつくる! その2 | トップページ | EF65-1137をつくる! その3 »