« ワールド工芸C62-2を作る!その9 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その11 »

2008年9月21日 (日)

ワールド工芸C62-2を作る!その10

ワールド工芸のC62-2を作る。その10です。

ボディの塗装も出来て、完成が少しずつ見えてきました。

P1110631_2

今回は、テンダーを製作していきます。

テンダーも色々と細かいパーツが多いので地味に手間が掛かりそうです。

それでは作業報告です。

まず、本体の半田付け。

本体は、四角く曲げ済みなので、前後妻板パーツを付けて手すりなどの細かいパーツを付けます。

P1110625

ライトは、垂直に付けないと格好悪いので大変です。
尾灯は、位置出しが大変なので、最後にエポキシ接着剤を使って接着します。
ライトも接着剤を使ってもよかったかもしれません。

P1110634

前方妻板は、勾配対応のタイプをチョイス。
そのため、床板を一部切除する必要があります。
カーブの自由度を考えるとこちらをチョイスした方が良いと思います。

P1110630

テンダー下の配管です。
非公式側はΦ0.6の真鍮線ですが、少し太すぎる様な。。。Φ0.5でも良かったかもしれません。

P1110628

ATS車上子です。
細いパーツの折り曲げなので折り目に半田を流して補強しています。

P1110626

給水タンクフタ、重油タンクなどを付けます。
重油タンク、給水タンクフタは接着剤止めです。

P1110633

錘兼用の石炭部品。
テンダーにスムーズに入るように回りを削ります。

P1110612

既に製作してあった動力ユニットと出来上がったパーツを組み合わせて確認します。
なかなか良いです。

P1110620

本体と連結!
テンダーの色が塗ってないので、変ですね。

次は、テンダーを塗っていきたいと思います。

それでは、また次回報告します!

|

« ワールド工芸C62-2を作る!その9 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-2を作る!その9 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その11 »