« ワールド工芸C62-2を作る!その10 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その12 完成?? »

2008年9月22日 (月)

ワールド工芸C62-2を作る!その11

ワールド工芸C62-2を作る!その11です。

前回、テンダーの製作まで終わり、テンダーの塗装です。

P1110620_2

本体に比べて、単純な構造なので簡単だと思いますが、実は、テンダー側面を綺麗にムラなく塗るのは大変です。

それでは作業報告です。

なんとか、無事に塗装が終わりました。

P1110651

後は組み立てるだけ(?)なので、楽しい作業です。

P1110652

ワールド工芸の荷重分配装置の構造です。
本体に付いている錘がシーソータイプのサブフレームに固定され、連結部分を介してテンダーへ荷重をかけているわけです。
コレでテンダーへ均等に荷重がかかります。

P1110653

概ね組立が終了です。
あとは、公式側の銅管、つばめマーク、ナンバー等を付けるだけです。

P1110654

前面のアップです。
ナンバー、つばめマーク等が無いので真っ黒です。
火室扉上の手すりに銀の色入れを忘れてます。coldsweats01
あとでちゃんと色入れをします。

P1110656

テンダーに石炭を載せます。
少し寸法が合わなくて、重油タンク部分のパーツがはまりません。
少し石炭パーツを削る必要があります。

P1110660

本体の横から。
ロッド関係が付いていますが、イマイチ動きが良くないので、今一度調整が必要です。

あとは、つばめマーク、ランボードのライン、ナンバーなどの細かいパーツ付けですが、ロッド調整に時間が掛かりそうですcrying

次回は、完成できると思います。

それでは。

|

« ワールド工芸C62-2を作る!その10 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その12 完成?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-2を作る!その10 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その12 完成?? »