« ワールド工芸C62-2を作る!その2 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その4 »

2008年8月28日 (木)

ワールド工芸C62-2を作る!その3

今日も、ワールド工芸C62-2を作る!です。今日で「その3」です。

前回、動力ユニット部を製作し、スムーズに走るところまで行きました。

P1110482

今日は、キャブを製作していきます。
キャブは細かい部品も多いので、主要個所だけ半田付けにして、細かい部品は、接着剤を併用していくつもりです。

それでは、作業開始。

P1110486

前回までに、折り曲げ済みのキャブパーツの側面に半田を流してあります。

P1110489

まず今日は、屋根上の扉(?)の取り付けです。
扉を開けた状態、閉めた状態をパーツの差込み具合で選択出来ます。
今回は、開けた状態にして見ました。

P1110490

しかし、スノウプロウなどの冬季装備状態で開けることがあるのか不明。。。。bearing

つぎに妻板を作ります。

P1110491

パーツを折り目から半分に折って半田を流して固定。
非常に曲がりやすいので注意が必要です(私は曲げました orz...)

次に、キャブ本体へあわせてみて妻板のRとキャブ屋根のRの具合を確認。
合わせが上手く出来たら半田で仮止め。
今一度合わせを確認してから、本止め。

P1110493

こんな感じです。
こっちを付けると、こっちが外れ。。。を繰り返してしまったため、前面に半田が回ってしまいましたが、キサゲバケで修正しました。

次に、運転席ヒサシと旋回窓+プロテクタの取り付け。
旋回窓パーツは、ステンレス製ですが、細いし非常に小さな部品なので形に折り曲げるだけで大変です。
ヒサシは、初めからRに曲げてあるので、両端を垂直に曲げれば完成。特に問題有りません。キャブに差し込むと、ヒサシのガイドピンが妻板に干渉します。
妻板には、ピンの逃がしがあるのですが、少し短めに切った方が良いようです。

旋回窓取り付けますが、旋回窓を半田付けすると、近くのヒサシが熱で。。。
ヒサシを直すと旋回窓が。。。。
いい加減嫌になってっきたので、旋回窓は後で接着剤止めにすることにしました。

さて、そんな感じで3日目は終了です。
部品を洗って、道具を片付けて終了です。
ひとまずキャブは組立手順の都合上、一旦お休みして次はボイラーへ移ります。

|

« ワールド工芸C62-2を作る!その2 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-2を作る!その2 | トップページ | ワールド工芸C62-2を作る!その4 »