« ワールド工芸C62-2を作る!その3 | トップページ | 今日の買い物 クモヤ145 »

2008年8月29日 (金)

ワールド工芸C62-2を作る!その4

ワールド工芸のC62-2を作る。その4です。

前回まではキャブに妻板までつけました。
キャブの後部妻板、床パーツ、手すり、タブレットキャッチャーなど、つけなければいけないパーツは多いですが、製作手順上、これらは後ほど取り付けです。

P1110493_2

今日は煙室扉、ボイラーなどを少し作っていきます。

煙室扉は、機関車の顔といえると思います。
トーマスだって、煙室扉が顔になってますからね。(笑)

顔が命の~・・・・って感じで作業開始です。

煙室扉は、真鍮の鋳物です。
手すり、ヘッドライト、副灯、煙室扉ハンドルなどをつけます。

P1110495

それぞれドリルで穴あけしますが、パーツが硬くなかなか穴が開きません。
気をつけないと、ドリルを折ってしまいそうです。(幸い私は折りませんでしたが。。。)
とりあえず、φ0.5以下のドリルは予備を多めに持っておいたほうが良いですね。
ちなみに私は、常に2本以上持っていて、残り2本目を使い始めたら新しいのを買ってきます。

P1110500

手すりパーツは、R形状に曲げて半田付けをした後、残す部分以外を切り取ります。
あまり半田を多く付けすぎると表面に出てしまい、面倒なことになります。

P1110502

ヘッドライトと副灯を付けます。
取付用ピンを残して、余分なところを切除します。

P1110504

ヘッドライトの穴とピンはソコソコきつめで半田付けには良かったのですが、副灯は少しゆるめで、位置合わせが大変。鋳物同士で熱すると、冷えにくいので付いたと思っても動いてしまいます。
そんなこんなで、なんとか位置が出ました。実車映像を見ると、副灯の位置がもう少し外側かも。。。

P1110505

コレまた大変な部品。煙室扉のハンドルです。
ハンドル部分はエッチング部品でΦ0.25の真鍮線を介して取り付けます。
もちろん、半田で。
コレも角度によって機関車の表情が変化してしまうので、注意です。
なんとかイメージ通りにいったかな。

P1110507

本日最後の大仕事、ボイラーの半田付け。
先頭部の下面を半田で止めて○にして完成。
試しに前面パーツを付けてみます。
ボイラー部分は「あっ!」という間に完成したのではなく、もちろん、位置合わせが・・・。

で、今日は時間が来たので、終了です。
何となく、C62っぽい部品が出てきて嬉しい作業でした。

それでは、その5に続きます。

|

« ワールド工芸C62-2を作る!その3 | トップページ | 今日の買い物 クモヤ145 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールド工芸C62-2を作る!その3 | トップページ | 今日の買い物 クモヤ145 »