« C62-18を作る! まだまだ! | トップページ | 国鉄キハ04を作る その6 完成! »

2008年5月15日 (木)

EF65-515を作る。再び その1

突然ですが、以前、製作したEF65-515JRF更新機をもう一台製作します。

前回の2両は、既にGORILLAさん、美輝川さんのところで活躍中です。
今回は、自分用を作成します。

Img_1264_2

コレは、以前製作した515号機です。

前回は、ちょうどコンデジが故障し、EOSも不慣れでまともな写真が残ってません。
一番まともな写真が上の写真です。

さて、作業開始です。

今回のベースです。

P1100049

今回も、同様にTOMIXのEF65-500F形を使用します。

前回は、塗装剥離を行わずに上塗りをしたため、元のクリーム帯などが塗装後に残ってしまう結果を招いてしまいました。

前回のEF64-1000高崎更新色より始めたIPAによる塗装剥離を行って、前回のようなことがないようにします。

いつものように手すりなどを別パーツ化しますので、その下準備をしてからIPAの入った容器にドボン!

P1100615

IPAに丸一日漬け込んで、歯ブラシで塗装を剥がしました。
KATOのEF64-1000は3日ほど漬けましたが、今回は1日で綺麗に落とすことが出来ました。塗装成分が違うのでしょうか??

前回は特に気にしていなかったのですが、TOMIXの成形色って黒なんですね。
おかげで、削った手すり跡がわかりにくいです。

この後、中性洗剤で洗浄してサフを軽く吹きます。
サフを吹くことで、モールドを削った跡が見えやすくなるので、綺麗に修正して再度サフ吹き。2回目はしっかりと吹きます。

サフが乾いたら、モリタのサンドイエローで乗務員扉を塗装。乾燥後にマスキングです。

P1100628

本来で有れば、白(ライトパープル)を吹きたいのですが、裾のディープブルーのラインを綺麗に残す関係から、ディープブルーを先に吹きます。
前回は、モリタのディープブルーをそのまま吹きましたが、少し暗すぎる気がするので、モリタのライトブルーを若干混ぜて少し明るめにしています。
KATOの更新色に近い感じになりました。

今日は、ここまで。
乗務員扉上の手すりを付け忘れたので、取付穴開けを明日以降で行って、ディープブルーの仕上げ吹きを行います。

|

« C62-18を作る! まだまだ! | トップページ | 国鉄キハ04を作る その6 完成! »

コメント

今晩は。
いつも更新を楽しみにして見ております。
いきなりの質問で失礼ですがサフは何を使用していますか?
私が良く買い物に行くお店に、(確か)クレオスのサーフェーサーが500・1000・1500と三種類あってエアーブラシで吹けるのかと疑問があり質問いたしました。
突然で無知な質問にお許しください・・。

投稿: Honda | 2008年5月15日 (木) 01時25分

Hondaさん。こんばんは。
いつもありがとうございます。

ご質問サフの件ですが、私はクレオスのビン入りサフの1000番を愛用しています。
他の番手は試したことは有りませんが、1000番で特に不都合はありません。

吹きつけはエアーブラシを使っていますが、Φ0.3以上の口径のエアーブラシでないと詰まります。
希釈具合も通常の塗料より少し薄めにしていますが、希釈条件は色々と変化するので、「これ!」と言うのはないので試してみてください。
薄めすぎかな?位でOKです。
ポイントは、薄めたサフを、薄く何度も重ねることですね。
一気にやると、普通の塗料に比べボテ塗りになりやすいので、じっくりやってみて下さい。
何か、分からないことで、私に答えられることでしたら、いつでも聞いてくださいね。

投稿: ラビット | 2008年5月16日 (金) 00時56分

こんにちは。

解り易く丁重な回答有難うございます。
明日にでも購入し試行錯誤で頑張ってみます。

これからも更新を楽しみにしています。
有難うございました。

投稿: Honda | 2008年5月16日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C62-18を作る! まだまだ! | トップページ | 国鉄キハ04を作る その6 完成! »