« 惜別 EF65-535 | トップページ | 今日はお出かけ。for熊谷。 »

2008年4月 5日 (土)

EF64-1009を作る その1

先日、秋葉原でKATOのEF64-1000クーラー付きを買ってきました。
目的は、相変わらず改造です。

まだJRFマークインレタが残っているので、またまた高崎更新色を作ります。

Img_1666

これは、最初に中古品ベースに作った1005号機です。
最初のうちは、新品に手を入れることに戸惑いが有りましたが、すっかり慣れました。happy02

最近、EF64-1000を見ると、改造ベースにしか見えてこないような。。。

早速改造スタート。

今回は、2両有るので、1台を1009、1台を前回作ったカマとのクーラー形状違いを作ってみます。

P1100272

1009号機と言えば、高崎更新色採用時に試験的に塗られた車両で、現状の他のカマと塗装パターンなどに違いが見られます。
そのあたりを再現しようと思います。

まずは何はなくとも分解。

P1100311

塗装、加工のために分解です。
台車枠、内装なども塗りますので、ほぼ完全にバラすことになります。

P1100312

当然、ボディも分解です。
窓ガラスが少し厄介ですが、さすがにEF64-1000の改造を10台近くやればコツも掴めるというものです。catface

P1100314

手すりなどを別パーツにするために、元のモールドを削ります。
この時点で、ポンチ、穴開けまで済ませます。
塗装剥離、モールド部整形後だと、元の場所が分からなくなるので。

そして、前回より始めた、IPAによる塗装剥離のために、ドボンです。

で、2日間漬けて歯ブラシで剥離が完了です。
歯ブラシで塗装を落としたら、中性洗剤でボディを洗浄します。
一部、落としきれない部分は、デザインナイフや彫刻刀で削ります

P1100316

あとは、手すりモールド跡を綺麗に整えます。
また、電暖灯をカットし跡を耐水ペーパーで整えます。

今日はここまで。
明日から塗装に移ります。

それでは、今日は寝ることにします。sleepy

|

« 惜別 EF65-535 | トップページ | 今日はお出かけ。for熊谷。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惜別 EF65-535 | トップページ | 今日はお出かけ。for熊谷。 »