« EF81がイッパイ! | トップページ | 惜別 EF65-535 »

2008年3月30日 (日)

碓氷峠鉄道文化むらへ行こう!春。

暖かくなってきたので、家族で碓氷峠鉄道文化むらへ行って来ました。
昨年、EOSの試し撮りのために行って以来の文化むらです。

Img_1949

取り立てて、前回から変わったことはないだろうと思いつつ園内を散策です。

まず、ふとみると右手の189系がちょっと違う。。。。
違うのは、189系の場所。ついでに、ヨ3000が何故か見える場所に。

Img_1951

車庫の側線に放置(?)してあったヨ3000が前に移動、さらに189系も前に移動しています。
元々、189系乗車用だった階段をヨ3000用にして、189系を前に移動、階段を新設したようです。

と、なればヨ3000の車内へ。

Img_1960

真ん中にダルマストーブが有ります。
座席はロングシートになっていますが、これがオリジナルなんでしょうか???
内装は、木製です。

続いて、前回コントローラー故障のため遊べなかったNゲージレンタルレイアウトへ。

P1100302

EF81-81と夢空間を持ち込みました。
息子を膝に座らせ、一緒に遊んでましたが、3分で後のプラレール展示へ逃げて行きました。crying
結局、息子が帰ってきたのは、終了間際でした。bearing

Nゲージをしまって、車庫へ移動。

車庫のEF63-10を見ると何か変です。

Img_2018

フィルターが外されて、機械室が見える用になってます。
これは凄い!初めて中をじっくり見ました。

昼食後に、車両展示エリアへ。

Img_1972

EF65-520は色を塗り替えたのでしょうか。
凄く綺麗になってます。

色の塗り替えと言えば気になるのが、横川駅から移動されたボロボロの189系。

Img_1968

お色直しも済んで、綺麗になっていました。happy01
でも、中の見学は出来ないようです。
でも、綺麗に修復されて、嬉しいですね。正直、あのボロボロの姿を見るのは辛かったです。weep

今回は、土曜日のせいなのか、色々な機関車の運転席に乗ることができました。
初の乗車(?)となったのがDD51-1とDD53-1です。

Img_1987

まずは、DD51独特のボンネットを窓越しに。
それにしても、前は見えにくいですねぇ。

Img_1988

これは、DD53の運転席。
正直、運転席の窓越しに見てもラッセル部分しか見えないです。coldsweats02

で、野外展示車両を見ていると、何か変です。

Img_1973

これは、EF62とEF15ですが、他の機関車も全てヘッドマークが取り外されてます。
ヘッドマークはどこへ???と心配になりましたが・・・

Img_2017

車庫の中へ全て移動されてました。
深い意味は無いのかもしれませんが、昨今話題になっているヘッドマークなどの盗難対策も有るのでしょうか?ちょっと心配になります。

車庫の裏で、こんなものを見つけました。(もちろん、入場者が入っていい場所です)

Img_2012

EF63の双頭連結器ですね。

さらに・・・

Img_2013

何の部品でしょうか?
EF6316、EF6320と書いて有りますが、16,20号機とも、文化むらには居ない車体です。(確か、廃車されたような・・・)
これは、演出なのか、単にテキトーに置いて有るだけなのか謎が深まります。
もちろん、説明書きなんてものは無く、ブルーシートが掛かってます。

これまでの間、例によって、HOゲージレイアウトや、アプト君など一通り遊んだ後、帰宅です。
当然、息子は「おぎのや」の前を通過する頃には、眠りにつくのでした・・・sleepy
その後、19:30まで起きないとは。。。。親は大変です。

鉄道文化むらも、最近変化が無いなぁ・・・なんて思っていましたが、結構変化があるものです。
また、しばらくしたら行こうと思ってます。
鉄博も行きたいですが、行き易さとマタ~リ見られることで、お気に入りです。

|

« EF81がイッパイ! | トップページ | 惜別 EF65-535 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF81がイッパイ! | トップページ | 惜別 EF65-535 »