« C62お手軽?改造 その1 | トップページ | C62お手軽?改造 その3 »

2008年3月21日 (金)

C62お手軽?改造 その2

KATOのC62がリニューアル発売されて、ちょっと残念だったこと。
それは、2号機のナンバーが入ってい無いことと、ツバメマークが無いこと。

そんなわけ始めましたC62-2を作る編です。

今日はその2です。

前回、車体の分解まで済んで、いよいよ実際の改造に入ります。

P1100234

レボリューションファクトリーから発売されたリニューアルC62用のパーツです。
ツバメマーク入りデフと、ナンバープレート。細かいことを気にせずに、お手軽に改造です。

実際の改造は続きます。

まずは、元のデフを削除します。
デフは、前面パーツと一体になっているので、デフだけ綺麗に切り出します。
よく考えると、この複雑な形状を一体整形するって凄いことだと思います。

P1100246

ランボードから続く白線のモールドをガイドに丁寧にデザインナイフで切り込みを入れます。
焦らず、白線を傷つけないように作業します。
有る程度切り込みを入れたら、ボイラーに行っているステー部をニッパーでカット。
少し余分を残して後で整形の方が綺麗に仕上がります。

P1100247

デフの切り出しが終わったら、削り後をペーパーなどで綺麗に仕上げます。
基本的に黒塗装無しで行きますので、極力綺麗に。

P1100244

次にデフを塗装。
その前に、デフの上部の斜めになった部分を曲げます。
無精な私は、切り出した元のデフを基準に曲げました。
ついでにデフのステーも曲げておきます。
デフの厚みが約0.2mmに対し、曲げ部はさらに薄くなっており、曲げると(曲げなくても?)非情に柔です。
今回、裏から半田を流して補強しています。少し半田を流すだけですが強度は格段に向上します。

その後、洗浄してマッハのメタルプライマー→クレオスセミグロスブラックで塗装してます。

P1100248

元のデフの跡を目安に、新しいデフの下部にあるランナー跡(?)の位置に合わせΦ0.3の穴を開けます。
その穴にデフを差し込み、下側の位置決めと強度UPを狙います。現時点では、仮組です。
取り付けてみて、ランボード部とデフに隙間が無いか確認して、有れば修正。コレを繰り返します。

次にデフを外して。。。。

P1100249

ツバメマークの磨きだしです。
デザインカッターを使って慎重に磨き出しします。
う~ん。カッコイイ!happy02

早速、前面パーツに取付け。

P1100250

なんだかワクワクします。
ここで浮かれずに、各部がちゃんと収まっているか確認です。
その後、取付けの穴部分に瞬間接着剤を塗って水平、垂直を確認。
問題がなければ、デフステー部分を接着。
もちろん、元のデフ跡は綺麗に削っておきます。

あっ!デフステー部の塗装が剥げた。crying
小面積なので、筆塗りで修正可能でしょう。

で、元に組み直して全体のバランスをチェック。

P1100251

煙突、解放テコはまだ付けてません。
写真ではわかりにくいですが、デフと元のボディでは艶が違います。
後で、クリアを吹いて整えます。
クリアで、削った跡隠しの意味もあります。

P1100252

横から。
デフのツバメマークが!!!!happy02

もう、2号機以外に見えないです。(私だけ??)

さて、今日は、ここまでにして、明日はナンバー付け、エアホース付け、クリア吹きを行います。
テンダーの梯子も別パしたいのですが、4月にレボリューションから発売されるそうなので、それまでは我慢です。

それでは、今日は寝ることにします。zzz...

|

« C62お手軽?改造 その1 | トップページ | C62お手軽?改造 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C62お手軽?改造 その1 | トップページ | C62お手軽?改造 その3 »