« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | C62と夢空間 お手軽改造(?) »

2008年1月 2日 (水)

夢空間!

年末に発売され、手に入れたTOMIXの夢空間。
とりあえず、付属のEF81-98に牽引させて遊んでいました。

大晦日に、地元の鉄仲間のしゃちょうさんから久々のメール。
休み中に900SSさんとしゃちょうさん宅で運転会をするとのこと。(一応、6日に予定です。)
久々の運転会なので、エルホビーさんに展示してあるEF65-501、EF60-19、EF81-81を引き上げてきました。

P1100009

引き上げてきたと言うことは、是非、夢空間で遊びたいですよね。
まずは、付属の「夢空間」ヘッドマークを付けて記念撮影。
よく見ると、片側のステップが紛失! orz...
恐らく、息子と遊んだときに、息子が誤って脱線させたときに外れたと思われます。(涙)
怒るに怒れませんが。。。。

気を取り直して、夢空間をEF81-81に連結させるためにカプラー交換です。
正月早々、模型遊びしてます。(爆)

尚、ここで紹介する改造は、私が勝手にやっている改造なので、真似する時は、自己責任でお願いします。

まずは、カニの機関車側連結器。

P1100010

いつものように、KATOのかもめナックルを装着。
とりあえず、機関車と連結出来るようになりました。
取付け方法は、後で紹介です。

夢空間セットの24系は、アーノルドカプラーです。

P1100001

カプラー自体が大きく、連結間隔も広い。
コレは、ちょっといただけない。と言うことで、カプラー交換。

通常なら、ボディマウント(以下、BM)のTNと行きたいところですが、24系は適用してません。
改造すれば良いのですが、BM TNカプラーは値段も高いので、台車マウントで安上がりに済ませます。
ここで、KATOカプラーと行くはずですが、既に持っている「エルム」セットの24系が台車マウントのTNカプラーなので、コレに合わせます。

P1100003

連結間隔は、若干縮まったものの、劇的な変化はありません。
間隔と言うよりは、カプラー小型による視覚効果の方が大きいです。
台車側に少し手を加えて、もっと連結間隔を狭めます。

注意!:スハフ25-901に、この改造を行うとオシ25-901と干渉しますので、行わないでください!

P1100004

カプラーポケットの中に、進行方向へリブがのびてます。
このリブの位置でカプラーの出代が決まってます。

P1100007

このリブを、平彫刻刀とデザインナイフで綺麗にそぎ落とします。
手順は、まず裏から彫刻刀でリブを削り、カプラーのフタの止め部が入る穴からデザインナイフで削ったカスを綺麗に切り取ります。
この部分は、綺麗に落としてしまわないと、連結するときにやりにくくなるので、綺麗さっぱり削っちゃいます。

ナックルや、KATOカプラーを付けるときも、同様な加工をしたほうが、安定した連結状態になります。(上のカニも同じ加工をしてます。)
以前、実験しましたがKATOカプラーの場合、ガッチリとポケットにはまるので、全く遊びが無くなります。
ナックルは、リブに当たって、変な方向に向いたまま、はまってしまいます。

P1100006

TNカプラーに付属しているスペーサーパーツを説明書通りにカプラーへ取り付けます。

そして、TNカプラーを元通りに組み立てれば、こんな感じ。

P1100002

BM並に狭いです。
なかなかカッコイイと思います。
ここまで狭くなると、カーブでの車両の干渉、脱線ですが、私の環境(TOMIX R280)では若干車体が干渉するものの、脱線するようなことはありません。
この改造は、「エルム」編成の初期ロット発売時に購入し加工してから今まで一度もトラブルはありません。
もし、心配であれば編成の片側だけこの加工をすれば、ソコソコの連結間隔を保ちつつ、安心して遊べると思います。
ブルトレの場合、編成向きが固定なので、問題もないと思います。

さて、ここで全ての車両にこの加工をしなければ、と思いつつ、地味に時間が掛かるので、半分だけ加工して、今日はおしまいです。
今は、連結間隔がバラバラの変な状態になってますが、運転会までには完了させる予定です。

さて、明日は親戚の家に御年始に行くので、この辺で寝ます。
寝る前に、新しいステップを付けてから・・・。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | C62と夢空間 お手軽改造(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | C62と夢空間 お手軽改造(?) »