« ブラスキットEF58-45を作る。 準備編 | トップページ | ブラスキットEF58-45を作る。 その2 »

2008年1月28日 (月)

ブラスキットEF58-45を作る。 その1

昨日、コンデジが修理から帰ってきました。
現象は、スイッチを入れてもOFFになってしまい、またONになってしまうと言う現象。
原因は、メインスイッチが壊れてしまった(接触不良?)ようです。
修理報告書に、交換した面実装タイプのスライドスイッチの現物が付いてました。
まぁ、修理代は、電気店の5年保証範囲だったから無料なんですけどね。

さて、前回から少し間があきましたが、いよいよEF58-45を作り始めます。

その前に、ペアーハンズのマヤを作ってみたのですが、なかなか手強いです。
その中で分かったこと。ブラスキットを作る人には当たり前かもしれませんが・・・。

①はんだの量は最小で。
②キチンとパーツを押さえてはんだ付け。
③パーツの熱し方。

しかし、分かってもそんなに簡単に行くはずもなく、色々と試行錯誤が続きます。

P1100022

今回は、キットの説明書と鉄道模型誌「N(エヌ)」12月号の記事を参考に作って行きます。
あくまで、我流の製作方法なので、「結果的にこうなった」と言うことで、正しい作り方かどうか分かりませんので、予めご了承下さい。

さて、作り始めます。

まずは、ボディのはんだ付けから。

折り曲げ済みのボディの裾部分にあるつなぎ目を、今一度フラットノーズプライヤー(以降プライヤー)で挟んで、内側と外側の板を密着させます。
コレをキチンとしないと、浮きが出るので、キチンと密着させます。

Img_1315_3

その後、はんだ付け用の穴にフラックスを塗って、はんだ付けします。
ボディ中央下、上を固定して、隣、反対側と交互にはんだ付けしていきます。(取り説に解説があります。)
注意点は、中央両側窓下にボディと下回りを固定するための小さな穴が開いてます。
ここにはんだが入ると、ボディと下回りがキチンとはまらなくなるので、はんだが付かない様に注意が必要です。マスキングテープなどで保護しても良いかもしれません。(私はしてませんが・・・)

私は、この段階で全てのはんだ穴をはんだ付けしましたが、側面梯子取り付け部にある片側2カ所(合計8カ所)は、この時点ではんだ付けしない方が良さそうです。
後で、梯子、前面パーツを付けるときに、はんだの凹凸が邪魔になります。

Img_1317_2

ボディのはんだ付けをして、側面梯子を取り付けました。
梯子は、裏からはめ込んではんだ付けしますが、梯子部分にはんだが流れ込んで詰まってしまうので、はんだの量と、付ける部分には注意が必要。特にはんだ量は最小に留めた方がよいです。
コレをしくじって、2カ所ほど外して、はんだ付けし直しました。 orz...

Img_1319

仮組して気が付いたのですが、前面パーツの側面の貼りしろが梯子の取り付け穴に掛かってしまいます。
もちろん、そのまま付けると、梯子の厚み分だけボディが広がってしまうので、ダメです。
結局、前面パーツの貼りしろをヤスリで削って、梯子取り付け穴から前面パーツの貼りしろが見えない様にしました。
私の場合、貼りしろを半分位削ってOKになりました。
ついでに、乗務員乗降手すりの穴のバリが貼りしろに出っ張っているので、一緒に修正してます。
忘れてはいけないのが、前面下部に付くステップ取付用の穴開け。
パーツ裏に目印が付いているので、裏側からΦ0.4のドリルで穴開けです。

さて、次に、ボディと前面パーツを仮止め。

Img_1324

ボディを一周する裾の段がキチンと真っ直ぐが色々な角度から確認です。

バッチリ位置が出たところで、忘れていたことが。

今回、ライトキットも付ける関係で、ライト裏部分に導光パーツを通すための窪みを付ける必要があります。。
最初、ダイヤモンドの丸ヤスリで削って行きましたが、イマイチ良く削れません。
ヤスリを良い角度で当てられなく、思ったような向きに動かせないのが原因です。
上の写真のように、上手く削れません。(ボディにはんだ付けしちゃってるし・・・)
片側だけ仮止めして気が付いたので、試しにもう片方の部品を削ってみましたが、結果は一緒。

ここは、楽をしてリューターにダイヤモンドバイトを付けて削りました。
もちろん、「あっ!」という間に完了です。電動工具は楽チンです。

Img_1327

で、こんな感じで綺麗(?)に削れました。
もちろん、導光パーツもキチンと付けられることを確認しました。

Img_1325

ひとまず、今日はここまで。
本当は、両方とも前面パーツを付けたかったのですが、色々と手際の悪いこともあり時間切れです。

まだ、ボディと片側の前面パーツが付いただけ(仮止め)なので、あまり格好良くないです。
もう少しパーツが付いて来れば印象も良くなりますよね。

最後に、道具を片づけて、中性洗剤を使ってボディに付いたフラックスを綺麗に洗っておしまいです。

それでは、その2に続きます。

|

« ブラスキットEF58-45を作る。 準備編 | トップページ | ブラスキットEF58-45を作る。 その2 »

コメント

ブラスキットですか、うわぁ大変そうですね。いかにプラスチックが楽というのがわかりますよね。実は架線柱のブラスキットを買ってきたんですが、知人に作成を頼みました。多分これからすることがないと思ったからです。やるにはそれなりの道具をそろえないといけなかったからです。
すべてそろえるとそこそこかかりますしね。

頑張ってよい58を作ってくださいね。楽しみに待ってます。

投稿: jin | 2008年1月28日 (月) 14時29分

今回、キットの他に色々と道具を揃えたら、道具だけで7000円位行ってしまいました。
プラキットなら元々作ってましたし、ガンプラ、カマ改造などで使っている工具がそのまま使るので良いんですけど。
正直、買い足す工具が多くて驚いてます。

初ブラス(?)なので不安も有りますが、お披露目しても恥ずかしくないように作ろうと思います。

投稿: ラビット | 2008年1月29日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラスキットEF58-45を作る。 準備編 | トップページ | ブラスキットEF58-45を作る。 その2 »