« EF81-81を作る! その3 資料編 | トップページ | 今日のお買い物 夢空間 »

2007年12月29日 (土)

今日のお買い物 C62とつばめ

私、ラビットは今日から年末休暇です。
年末と言えば、大掃除!
と、言うことで今日は朝から換気扇と格闘!
換気扇には、重曹が一番ですね。

今年も、もう少しと言うことで、Nゲージの大物注目アイテムが発売されました!
待ちに待った、KATO C62、スハ44つばめ編成とTOMIX 夢空間!
本当は、開店待ちをして買いに行きたかったのですが、一通り大掃除を終わらせ、18時頃に、いつものお店へ。

P1090061

まずは、C62とスハ44系つばめ編成です。
増結セットも予約してありましたが、事情によりC62とスハ44系基本セットだけ買ってきました。もちろん、夢空間も買ってきましたが、コレは別に紹介します。

さて、今回のC62ですが、待ちに待った完全新規リニューアルです。
東海型と銘打ってるので、北海道、常磐などのバリエーションを期待しつつ、中身をチェック。

P1090060

ナンバーも付いてませんが、いつものところで記念撮影。
素直に、カッコイイです。
大きさも、旧製品に比べ小さく、細部までリアルに再現されてます。

P1090086

ナンバーを付けてみました。
今回は、17号機をチョイス。
先台車に、排障器が再現されてますね。
テンダー以外の車輪は、全てローフランジ&薄幅車輪です。

P1090081

ナンバーは、取付用のタボ部分にランナーがきているため、綺麗に四角く切り出せます。
ボディへは、タボをそのまま差し込めばOKなので、接着剤も不要です。

P1090082

今回のリニューアルの売りである、運転席の再現。
バックプレートから、運転席まで再現されてます。

P1090083

テンダーの連結面。
ストーカーもキチンと再現されてます。
台車枠も再現されてますね。
テンダーの車輪は、ノーマル高のフランジで、薄幅の車輪です。

P1090084

後を非公式側から。
テンダーの手すりが別パーツで再現されてます。
こうなると、テンダーの梯子も別パーツ化したいですね。
やってみようかなぁ・・・。
カプラーは、ボディマウントのCSナックルカプラーです。(EF58の初期小窓と同じ)

P1090085

非公式側の横向き写真です。
第1動輪上部にキチンと隙間があります。
動輪は、全て穴あきになってます。
ピカピカのロッドが綺麗です。
動輪とランボードの間隔もバッチリ。いい感じの車高です。

もう、このC62。私の中では完璧です。大満足です。

で、今までのC62との比較。
でも、KATOの旧製品を持っていないので、マイクロのC62と比較です。

P1090088

左がKATO、右がマイクロC62-18です。
マイクロの方が、ボイラーが細く、エプロンが長いせいで腰高に見えます。
全体的にマイクロはモールドがだるい感じです。

P1090089

手前がマイクロ、奥がKATO。
長さはほぼ一緒ですね。
キャブ下の配管がマイクロにはありません。
マイクロは、ボイラー上部に前から後へパーティングラインが走っていて、結構目立ちます。

P1090092

後から。
テンダーの高さも高く、マイクロは全体的に腰高だと言えます。
コレは、C62に限った話じゃないですけど。

詳細な部分は、プロトタイプが違うため、マイクロ、KATOで違いを言うのは難しいですが、KATOは全体的にドッシリ、落ち着いた感じに見えます。
発売時期も違うので、最新仕様と比べるのは酷だと思いますが・・・。

今日、買ってきた後、早速試運転をしました。
走行は、極めてスムーズ。
そして、非常に静かです。
変な蛇行も無く安定してます。ただ今日は、お座敷ユニトラックカント付きで走らせたので、ラビ鉄本線のTOMIXレールとの相性が不安。
正直R280を通過できるのかなぁ。。。。

C62は、ここまで。
早く、C62のバリ展、D51リニュを期待したいです。
ちなみに、08年上期にEF65-1118、EF63 2次型、189系国鉄色の発売計画がKATOから出たようです。
やっと一段落したと思ったら。。。。

また、お小遣いを貯めておきます。

|

« EF81-81を作る! その3 資料編 | トップページ | 今日のお買い物 夢空間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF81-81を作る! その3 資料編 | トップページ | 今日のお買い物 夢空間 »