« 旧国キットを作ろう! その7 | トップページ | 奥利根号 »

2007年8月 8日 (水)

旧国キットを作ろう! その8

鉄道模型旧国キットを作ろう!その8です。

いよいよ、仕上げ段階に入って来ました。
Type43_14乗務員扉横の手すりを付けていきます。
タヴァサの一般旧国用手すり(1404)からサイズの合うもの(2mm&3mm幅)を選択し、取付後に手すり部分を筆塗りです。
その後、艶消しクリアを吹いて完成。

結構、いい感じになりました。

更に、今日はヘッドランプ、テールランプのレンズを取り付けました。
これで前面が締まったと思います。
やはりレンズ類は、塗装よりクリアパーツの方がリアルになりますね。

こちらは、クハ47のほう。

Type43_15_2クモハ43と同様に、手すり付け、レンズ類取付を済ませています。

窓セルを付けて無いので、スカスカな感じがしてしまいます。

明日は、いよいよ窓セル貼り付け、乗務員ステップを付けて完成!と行きたいですね。

ただ、窓セル貼り付けは地味に時間が掛かる作業なので、出来るところまでと言うことにしておきます。
乗務員ステップは、銀河の塗装済み品を入手してあるので、床板の干渉する部分を少し削って、ボディに貼るだけなので、すぐに出来ると思います。

さて、いよいよ完成が見えてきたのですが、今日、ちょっと車をいじりました。
走りに影響が有るパーツじゃないのですが、欲しかったパーツの一つです。
友人から格安で譲ってもらいました。
コレは、外で昼間に写真を撮るので、休みになったらアップします。

それでは、明日は出張なので、ここまでです。

|

« 旧国キットを作ろう! その7 | トップページ | 奥利根号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧国キットを作ろう! その7 | トップページ | 奥利根号 »