« 色々な話。 | トップページ | EF81-95 ちょこっと改造 »

2007年7月22日 (日)

485系せせらぎ その2

今日は、先日購入した「せせらぎ」先頭連結器をTNカプラーにするネタです。
まだ買ってませんが、近々入手予定の「やまなみ」との併結8連を考えているので、コレは是非にやっておきたい改造。純正のアーノルドではorz...なので。

Sese6 まずは、TNカプラーの準備。
今回電連ナシなので、0335を準備します。
そこで、取付る際にスカート裏と干渉するジャンパ栓、胴受けのモールドを削り落とします。
ジャンパ栓は完全に削除、胴受けの部分は裏面のカプラーガイド(?)の「八」の字のモールド付近まで削り落とします。

そうすることで、スカートと干渉しなくなります。

とりあえず、仮組みしながら調節していきましょう。

Sese7 そうすることで、TNカプラー自体は付きます。

それがこの写真。

でも、決定的な問題。それは、首を振らないこと。
コレじゃ、意味無いし。使えないし。

そこで、スカートを削ります。

目安としてスカートの開口部を5.5mm程度まで広げました。
カプラー首振りの100%のストロークでは無いですが、それなりに首を振ります。
走行させる環境で広げ具合を各自調整が必要ですね。
あと、胴受け下部分もカプラーに干渉してカプラーが上向きになってしまうので、下面も削り込みます。目安は胴受けの横モールドを削り取る位の位置です。(様子を見ながら現物合わせです)

Sese8 できあがりがこんな感じです。

余り広げすぎるとカッコ悪いので、ひとまずと言うことで、この程度で止めてあります。

しかし、今後カーブ半径、Sカーブ通過テストなどをして最終的に調整しようと思います。
余り広げると付属の大口スカートと変わらなくなっちゃいます。小さい分には広げれば良いけど、大き過ぎるのを小さくは出来ないですから。

レール上では無いですが、下の写真が現時点での最大の曲げ量です。

Sese10 レール上では無いのですが、R280くらいは行けそうな感じです。

Sカーブになると複雑な動作をするので、何とも言えません。

明日実験をしてみるつもりです。

この改造自体はそんなに難しく無く、すんなりと出来ました。

この情報は、こすずきさんから頂いた情報を基に実際に私が試したネタです。
既に、こすずきさんは、採用済みだそうです。

こすずきさん。ありがとうございました!

|

« 色々な話。 | トップページ | EF81-95 ちょこっと改造 »

コメント

いやぁ、早速アイデアを実行してもらって嬉しいやら恥ずかしいやら(汗)
メールでお伝えしたんですが、作業内容があまりにも同じでビックリしました。自分もスカートにあてがいながら現物合わせで調節しました。
うちのは単独編成なので首振り幅はあまり考えなくてもいいんですが、ラビットさんはやまなみとの併結も考慮しなくてはいけないんですよね。

投稿: こすずき | 2007年7月23日 (月) 23時20分

いつも参考になる情報ありがとうございます。
早速真似しちゃいました。(笑)
メールの内容も分かりやすく、悩まずに作業が出来ましたよ。

今日、恒例の息子とのお風呂前プチ運転会の時に実験しようと思いましたが、夢空間と息子の500系のぞみに占領されて実験できませんでした。
まだ、やまなみを買って来てないので、併結実験は出来ませんが、せせらぎの先頭車同士を連結して実験してみます。
続きは、またブログで報告しますね。

投稿: ラビット@管理人 | 2007年7月24日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色々な話。 | トップページ | EF81-95 ちょこっと改造 »