« EF60-19製作記 その1 | トップページ | EF60-19製作記 その3 »

2007年7月 4日 (水)

EF60-19製作記 その2

鉄道模型EF60-19の製作2日目です。

Ef6019_3 手すり別パーツ化、テールライト変更のため、元のモールドを削っていきます。
削った跡を整える前に、けがき針で手すりの穴明け箇所にポンチをしてΦ0.3のドリルで穴明け。
その後、削った跡は、400番→600番→800番の順で、耐水ペーパーで整えて行きます。
クリーム5号の部分は再塗装ですが、青15号の所は部分塗装にするので、慎重に整えて行きます。

写真では、まだテールライト部の面出しが終わってません。

前面の裾のステップ(?)部分はどうしても削れてしまうので、後で青15号を部分塗装します。

Ef6019_4 その後、元の塗り分け線を元にマスキングをしてクリーム5号(自家調色)を塗装します。
乾燥後に、クリーム5号のエリアをマスキングして周辺を青15号(自家調色)にて塗装。
エンド標記などは元の標記を使いたいので、部分的にマスキングしています。

青15号を前面に塗ると言うことで、あらかじめ2灯ライトの部品を瞬間接着剤で取り付けています。

そして青15号は元の車体色との境目が目立たない様に薄く塗り重ねます。
結果、調色&塗装成功で、バッチリ元色と馴染んでいます。
クリアブルーを配合している関係で若干艶が出ていますが、最終的にクリアで全体を馴染ませるのでここでは特に問題視しません。

塗装後の写真を見ると、窓下手すりのモールド処理が若干甘い気もしますが、別パーツの手すりを付ければ目立たなくなるので、そのままにします。深追いすると取り返しのつかないことになる恐れもあるので・・・。

今日は、テスト塗装も兼ねているので、1エンドのみの作業としましたが、今日の作業時間は1時間30分掛かっています。

明日は2エンド側の加工に移ります。
出来れば、金属パーツの塗装も行いたいですが、急ぐとロクなことが無いので、無理せず進めていきます。

|

« EF60-19製作記 その1 | トップページ | EF60-19製作記 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF60-19製作記 その1 | トップページ | EF60-19製作記 その3 »