« EF65-57その1 | トップページ | Zガンダム3号機その2 »

2007年6月20日 (水)

EF65-1059その9

   ナンバー部品の入手待ちをしていてもしょうがないので、標記類のインレタを進めました。Ef651059_24_1

エンド標記、工場標記(?)、換算標記、メーカープレートは、くろま屋のインレタを使用しています。

ATS標記は、レボリューションファクトリーのインレタを使用しています。

インレタ保護と、表面仕上げとして、クレオス半艶クリア+艶消しクリアの調合クリアでコートしています。

半艶では艶が出過ぎ、艶消しだとガサガサした感じになってしまうので、ちょうど良い仕上がりとなったと思います。

Ef651059_25側面の「JR貨物」標記は、「JR」マークと一緒に入っていたデカールを貼っています。

少し艶が出たせいで青の印象が少し変わっていると思います。

個人的には、更に実車のイメージに近づいたと思っています。

でも ナンバーはやっぱりありませんねぇ。。。(汗

Ef651059_26 避雷器は、実車でも多く採用されている「LA17」タイプに変更しています。当然、実車の1059号機もLA17タイプです。

コレは、手持ちのKATO機関車の余りを使用しています。

そのまま付けると、緩いのでセメダインGクリアを避雷器の取付軸に少量付けて固定しています。

さて、窓を付けるかな・・・・と思いきや、手すりを付けたせいで、裏に突起が出来てしまい、窓と干渉して填りません。

当たる部分の窓部品をカット、穴開けなどをして突起を逃がす必要があります。

今日は遅いので、窓の加工は次回と言うことで。

明日は、会社の健康診断なので、そろそろ寝ます。

明日は、バリュウム検査があるので、午後はグッタリしていると思うのでブログもお休みの予定です。

明後日には作業を復活するつもりなので、それまでお休みです。

|

« EF65-57その1 | トップページ | Zガンダム3号機その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF65-57その1 | トップページ | Zガンダム3号機その2 »