« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月31日 (月)

D51-498とキハ58新潟色

昨日、マイクロD51-498とキハ58新潟色を購入しました。
D51-498は、以前いつものお店で買おうと試走させたとき、激しいノッキング(??)で走行不良と言うことで、メーカー初期不良修理で戻っていたモノが帰って来たんです。
キハ58新潟色の方は、たまたま中古で程度の良いモノを安価で見つけて買ってしまいました。

D51-498は、高崎線のイベント列車で有名な蒸気です。
ディティールに関しては、マイクロ蒸気って感じで、無難なセンでしょう。
しかしながら、現行の状態を再現したい私には、青ナンバーでは無く、緑ナンバーが欲しかったですね。(選べれば良いんですけど・・・)
ライトのヒサシも無いので、先日高崎で見た状態とは少し異なりますが、欲しかったカマなので許す!(爆)
ところで、C62と並べると、あらためて大きさの違いに驚いたり。
さすがC62は国産最大の蒸気だなぁ・・・・。
動輪もD51が、妙に小さく見えたり。(実車では、でかい!って思うんですけど・・・。)
走りは、まぁまぁなのかなぁ・・・・。
マイクロ蒸気的な走りですね。

それともう一つ、キハ58新潟色。
これは、以前、KATOから限定品として発売され、店舗では見かけなくなったセットを中古で購入。
新潟支社管内の車両に施された白地に赤、青のラインが入った車両。
中古品なのですが、部品未使用、車輪も綺麗って言うか走らせた形跡ほとんど無し。
もちろんボディもピカピカです。
いわゆるコレクションコンディションのモノと推測されます。
当然、ラビ鉄(仮)に配属されたからには、一生懸命走ってもらいますよ。
動力、塗装などKATOらしい、きちっとした作り。
まぁ、キハ58の色変え品ですから、動力などは実績も有りますからね。
ひとまず、KATOカプラーに交換、パーツ(無線アンテナ)の取り付けを行って入線準備完了。
しっかり働いてます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日 (土)

211系3000番台

本日、KATOの211系3000番台を購入しました。
高崎線でお馴染みの電車ですね。
最近は、E231に押され気味ですが、まだまだ現役でがんばってます。

製品は、5両基本セットと5両増結セットの2種類。
今回は予算の都合で基本セットのみの導入です。
まぁ、うちのレイアウトでは10両は無理なので5両で十分楽しめると思っています。

で、肝心の製品ですが、以前の製品のリニューアル品と言うことで、前面種別表示も点灯式となったのと、先頭車が伸縮式KATOカプラーを採用したことが一番のニュースですね。
ボディは、ステンレス車のイメージを良く再現されており、先に発売されたE231と同様に変なギラギラはないです。
でも、前面貫通扉がちょっとボテ塗りチックなのが少々残念。
塗装はKATOらしい出来で綺麗ですね。

シール関係は高崎線筋と宇都宮線筋の2通りですが、前面の黒い部分が色褪せたグレーシールとか、新聞輸送中表示の「荷物室」シールなんて言うのも入っていて面白いですね。
出来れば側面行き先表示部分も透明にして室内灯に照らされる様になれば尚GOODでしたね。
列車種別シールは、窓の上からシールを貼ることになっていますが、ここは分解して窓の奥に貼りたい!と言うことで分解して番号のみ貼り付けです。←これはお奨め。

これで、高崎線3世代の普通列車がそろって、EXP185も有るので、現在の高崎線を再現するにはOKって感じです。
こうなると、KATOの189系あさまの再販が期待されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月26日 (水)

EF65-1000前期型ヒサシ紛失事件完結

先日、EF65-1000のヒサシが紛失した話をここに書きましたが、その後の話。

結局、紛失したヒサシは発見できず。。。
で、GWに東京の方へ行ったついで(?)にホビセンへ行ってきました。
当然、ASS'Y設定は無いので現物を持って行って修理扱いで直してもらうことに。
部品さえ入手できれば、すぐ直るのですが部品では出せないと言うことで預かりになってました。
先週、直ったから修理代の請求書が来て振り込みました。
そして昨日無事車籍復帰です。
遠方に住む辛さで、部品代150円、送料630円そして振り込み手数料。。。
送料が部品代の4倍なんて・・・。
まぁ、ASS'Yボディ2200円に比べれば安いのですが。
そして2度と同じ過ちはしないぞ!と言うことでヒサシ接着。
これで一安心です。b(^_^)

ところで、先日、天賞堂でEF58-4試験色(天賞堂製HO)を見る事が出来ました。
さすが天賞堂!!って出来なのですが、肝心なのはその色。
自己マンはかなり入っていますが、オイラの作ったEF58-4とかなり似ているなぁ・・・って。
お店でちょっとうれしくなっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月22日 (土)

カシオペア

先日、出張で浜松へ行った時のこと。
帰りに新幹線まで少々時間が有ったので、駅近くの模型屋さんへ立ち寄って見ました。
元々、マイクロC62-2探しですが、やはり無し。
でも、KATOのEF81カシオペア色を発見!
つい買っちゃいました。

お店の試運転では気にならなかったのですが、帰って入線させシェイクダウン!
で、キー!!!!!って凄い音!
スピードを上げると出るんです。
まぁ、お店の試運転では出ないスピードですから気が付かない訳ですね。(滝汗)
普段なら近所のお店なので取り替えに行くところですが今回は遠方なので自分で何とかするしか・・・。
で、色々調べた結果、ウォームギヤ取り付け部のモールドがよろしくなく、ギヤの組み付けが悪い。
仕方がないので、リューターとヤスリを駆使して修正。
無事、修理完了!改めて入線となりました。

・・・・が!

ここで、いつものパターン。
そうです。客車が無い!持ってない!売ってない!
って事で、今度はカシオペア基本セット探しの旅が始まります。
増結セットは売っているんですけどねぇ・・・。

あと、今日、いつものお店にEF65一般色を購入しに行った所、試運転で低速で滑る感じがしてノイズ大!
しかし、たまたま入って来た商品なので代わりは無し。
そんなわけで、KATOに新品修理へ帰って行ったのでした・・・。
そこで感じたのは、近所のお店のありがたみ。
入手出来ない商品は仕方ないのですが、あるモノ、計画のモノは近所のお店で買うことを決めました。

最近、不良品を引く確率の高い私なのでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの作品公開

みんなの作品のページを公開しました。
と言っても、私の3種としゃちょうさんの1種。
こすずきさんから送って頂いた東武の写真は、旧PC内にいるので、今度のお休みに移動する予定です。

公開のきっかけは、EF60-19のブタ鼻化が完成したこと。
限定&レアモノの車体に刃物を入れる事に躊躇して部品、材料、工具は揃えていたものの思い切れず・・・。
しかし突然何となく、今日思いつきで改造しちゃいました。(汗)
塗料を色々考えましたが、GMクリーム10号がほぼ同じ色なのでそのまま面相筆で塗り塗り。
元のライトを削るには、カッターを考えましたが、彫刻刀の平1.5mmを使って削りました。
これは、EF58-4制作時のモールド削りに活躍したのですが、結構、モールド削りにはお奨め。
彫刻刀は、西武Loftのデザイン用品コーナーで購入したモノです。

EF81カシオペア導入の話はまた今度。
明日は仕事なのでそろそろ寝ます。

あぁ~あ。明日はお茶会なんだけど、仕事で行けないなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月11日 (火)

エアーブラシ

しつこい様ですが、今回のEF58-4製作ネタ。

今回の塗装変更で強い味方だったのがエアーブラシ。
私のは、そんな凄いヤツではなく、田宮のスプレーワークと言う10000円位のやつ。
これに別売り電源4000円を買えば万事OKってやつ。
と、言っても私の場合電源は所有して無くRC時代のバッテリーを利用。
ちなみに、このエアーブラシもRCボディ塗装用に買ったもの。

エアーブラシの利点。これは細かい粒子につきます。
スプレーに比べ非常に塗膜が薄く仕上げる事が可能。
そうすることでNゲージの細かいモールドがつぶれないでクッキリ再現されます。
塗料の粘度は色々経験した結果、かなり薄く薄めないとダメなことが分かりました。
今回は、塗料と薄め液を1:1か1:1.5位まで薄めてます。
おかげで10回近く吹く羽目になりましたが、完成した塗膜は非常に薄く、モールドクッキリ!
なにげに凹凸部分のマスキングテープ隙間の吹き込みも少なくすみました。
次のメリットは今回の様に市販されていない色を使いたい時は混ぜる事が可能な事。
市販されていれば当然簡単なのですが、「混ぜる」と言う行為自体、スプレーでは出来ない技ですね。

デメリットは片づけがちょっと大変なのが不満ですが、完成した綺麗な車体を見れば面倒くささも吹っ飛びます。

そんな訳で、Nゲージの塗装変更にはエアーブラシがお奨め。
って言うか使った方がイイです。
とかくエアーブラシは上級者向けと思われがちですが、スプレーより簡単だと思います。
重要な所は塗料の粘度。
これさえクリア出来ればエアーブラシを使いこなしたも同然では無いでしょうか??
テクが無い私でも、そこそこ人に見せられる代物が出来るんですから。

ちなみに、うちのEF58-4は、いつもお世話になっているお店に出張中・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 8日 (土)

EF58 4号機特急試験色

以前、KATOのEF58初期型小窓車の未塗装ボディ&グレー台車をGETしていたのですが、このたび種車となるEF58を購入したところで早速作業開始。
で、この種車EF58は新品で買って、テスト運転のみで分解、改造となってしまいました。(汗)

今回の塗装の目玉は、自家調色となる色ですね。
淡緑3号とクリーム2号は市販されていないので当然自家調色。
RMMの記事を参考に調色して見たモノの、淡緑3号が単なる黄緑に。
とりあえず、昨日は塗ってみましたが、今朝起きて見てみると納得いかずシンナー漬けに。
その後、淡緑5号をベースに再度調色。
結構いい感じに出来たので早速再塗装に。

当然の事ながらエアーブラシで塗った訳ですが、昨日はどうも濃すぎた様でボテ塗りに。
今日は反省してかなり薄めにして塗装した結果非常にGOOD!
エアーブラシの奥の深さに改めて認識。

今回は未塗装ボディからの塗装と言うことで、細かい部品を追加してディティールアップもしてみました。
初めての塗装変更車にしては結構満足出来る仕上がりだと思ってます。

次回の運転会では、青大将客車でも牽かせてみようと思ってます。

そういえば、うちのEF58は全て特殊塗装車ばっかだなぁ。
標準のぶどう色とか青とかが居ない・・・。
今度買う予定のEF58はお召し専用機だし。
とりあえず、標準機としての青でも買うことにしよう。
でも、ちょっとPS22&一体ヒサシの広島型を作るのも楽しいかも。(爆)

注意!
KATOのボディをシンナー漬けにするとボディがボロボロになることが有るので注意しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 4日 (火)

GWレイアウト制作中・・・

今日は、久々のレイアウト製作。

ヤード部分に少し手を入れてます。
先日、高崎のイベントに行った時、留置線の様子も一緒に観察しておいたので、その写真を参考に少し。
とは、言うモノの実は金欠で既に購入済みの材料を使って工作中。
ひとまず、留置線内の信号所(?)周辺を色々いじってます。
近いうち写真をUP予定ですが、今のところ???な状態なのでひとまず形になるまではお待ちを。

ところで、車両工作も色々計画していて材料も着々と準備中。
ひとまず、EF60のブタ鼻ライト化を検討してますが、あの綺麗なボディに刃物を入れるのを躊躇。
失敗したらどうしよう。。。(滝汗
既に銀河モデルのシールドビーム2灯部品はGET済みです。

もう一つは、先日思いつきでEF81用解放テコ(銀河製)を購入。
とりあえず、133号機あたりに付けてみようかと。
既に(悲劇の)EF65-1000前期型に付けた事があるので、勝手知った改造ですね。

さらなる改造。
ボディ塗り替えを行う予定。
市販されていないカラーの特定機(タイプ)を製作予定です。
これが一番大きなモノでは無いかと思っていますが、肝心の動力周りを購入していないで、しばらく時間が掛かりそう。
細かい部品で揃えたいモノもいくつか有るので、明後日秋葉原に行くとき、物色予定。
おそらく、(成功すれば)上半期最大の作品になると思ってます。
これは、失敗すると悲しいので有る程度目処が立ったらHPにアップします。f(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 2日 (日)

高崎駅120周年イベント

本日、高崎駅120周年記念イベントへ出動。
9時30分位に現地に到着し、まずは記念切符をGETするため列に並ぶ。
10時に発売を開始するも、あまりの行列の為、順番が回ってきて購入する頃には10時45分に。
それにしても、今日の群馬方面は快晴で気温も高く、暑かった・・・。
とりあえず切符を無事GETすると、折れたりすると悲しいので駐車場の車へ一時保管。

これからが本番の「列車大集合」
間近で見る、EF60やすらぎや、D51-498、EF55-1等々。
デジカメと、一眼レフを振り回して右往左往。
すっかり撮り鉄と化す。
今回のイベントは、比較的写真撮影のマナーも良く、落ち着いて写真撮影ができました。
「撮影タイム」と称した時間も有って写真撮影にはGOODでした。
途中、臨時「撮影タイム」も有って、この時間をうまく使って撮影してました。

昔は、あまり気にしていませんでしたが、高崎には結構珍しい機関車が多いなぁと、改めて思い直す一日でした。

<展示車両>
D51-498(高崎車両センター 所属)
EF55-1(高崎車両センター 所属)
EF60-19(高崎車両センター 所属)
EF64-37(高崎車両センター 所属)
EF64-1001(高崎車両センター 所属)
EF65-501(高崎車両センター 所属)
EH200-1(JR貨物高崎機関区 所属)
EF64-1004(JR貨物高崎機関区 所属)
EF65-535(JR貨物高崎機関区 所属)
DE10-1705(高崎車両センター 所属)
DD51-842(高崎車両センター 所属)
485系お座敷列車せせらぎ(新前橋電車区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »